MENU

治療の決め手は?!

薄毛に悩む人は昔から大勢いました。

 

特にAGAに悩む若い男性は多く、年齢は若いのにどんどん髪の毛が抜けてしまって薄毛になってしまうという症状は様々な問題を引き起こしてきました。

 

しかしこの様な問題も近年では原因が解明されるようになってきており、AGA治療という名前で医療の対象となってきています。

 

これまでは薄毛に対する対応としては原因に対して働きかけるものはなかったのですが、このAGA治療では初めて抜け毛が発生する原因に直接働きかける方法であるということが高く評価されています。

 

AGA治療の治療対象である薄毛ではある種の男性ホルモンの働きによって抜け毛が多くなるのが原因で薄毛が進行します。

 

その程度は人それぞれですが、重症の場合には派える髪の毛よりも抜ける髪の毛の方が圧倒的に多くなってしまいます。

 

それが薄毛の原因でした。その様な抜け毛を抑制しようというのがAGA治療で使用するプロペシアという飲み薬です。

 

薬物療法で薄毛を予防したり改善させたりすることが期待できるのはこれまでにない画期的な変化であると言えるでしょう。

 

この変化によって男性型脱毛症による薄毛に限っては光が見え始めたと言えるでしょう。

 

 

スマホでもタブレットでも♪